たまったストレスは外へ発散

ストレスをいつまでもため込んでいると、身体にも悪影響も及ぼしてしまいます。日頃の仕事でたまったストレスはとにかく内にためこまず、すっきりと吐き出してしまいましょう。しっかりとオンとオフの切り替えをするためにも、上手にストレスを解消できるような趣味や気晴らしを持つようにしたいものです。
また、本格的なストレス解消でなくても、家族や友達に話をするだけでも気分が晴れます。特に、家庭は自分を受けていれてくれる場所としてとても重要です。一人で悶々としていないで、自分を支えてくれる誰かに話をして心の中の悪いものを出してしまうように心がけてください。ちなみに、実際に看護師をしている人にストレスの解消方法としてどんな趣味を持っているのか聞くと、次のようなものがよく出てきます。
<カラオケ>
一人でも友達とでも、好きな歌を思い切り歌うというのは気分のいいものです。どうせなら選曲も調子のいいロックか何かにして、たまったものを一気に吐き出しましょう。看護師なら平日に休めることもあるので、お得な平日料金で長く楽しめる利点もあるかもしれません。
<買い物>
頑張った自分へのご褒美に、ちょっといいブランド品などを買ってみるのはどうでしょうか。別に高いものを買わなくても、ブラブラと商品を見て回るだけでも楽しいものです。
<ドライブ・旅行>
少しまとまった休みが取れたら、車で遠出をしたり温泉やリゾート地へ行ってみるのもいい考えです。日頃の生活を離れて見ると、その土地は新鮮で気分転換にはもってこいの方法です。
<スポーツ>
看護師の中にも趣味でスポーツをしたり、ジムで体を動かしている人も多くいます。中でも意外と人気があるのが、ボクシングなどの格闘系です。サンドバッグを思い切り殴ったり、キックボクシングの蹴りを決めると、ストレスもスカッと吹っ飛んでいきそうです。最近では、他にもカポエラというダンスと格闘技を合わせたようなスポーツなども注目されています。
<エステ・マッサージ>
仕事でたまった疲れやコリをほぐしてもらうには、エステやマッサージといったリラクゼーションがぴったりです。せっかくなので、時間の長い上級のコースで疲れを癒してもらいましょう。ストレス解消にエステに行くという看護師さんも多く、休みの時くらいは自分がケアされる側に立つのもいいことだと思います。

カラオケで歌いまくったり体を動かすというのも、たまったストレスを発散するのには最適の趣味です。他にも、おいしいものを食べる、豪華な買い物をするといったお金の力に頼った方法もよく聞かれます。幸いに、看護師は女性の職業としては収入のいい方です(…それでも仕事の割に合っていないという意見はありますが、それは置いておきましょう)。実際、看護師の人の乗っている車が高級車やスポーツカーなど、値の張る車であることも珍しくありません。他にも、衝動買いで20万円のバッグを買った、休みに気が向いて突然沖縄に行った、という話も聞きます。同じ年代の普通の会社員などに比べると年収も多いので、それをストレス発散のための趣味に当てるのも妥当なことでしょう。

自分はそんな趣味がないという方、他の女性はどんな趣味を持っているのかな?と気になる方、こちらのサイト「女性の情報ネット」では、女性の趣味についてまとめてあります。どんな趣味があるのか興味がある方は見てみてくださいね。

Write a comment