IT資格

インターネットの普及が目覚ましく進んでいる中で、ITに関係する資格が数多くあります。IT業界に就職するためには、IT関係の資格を必ず持っていなければならないというわけではありません。その業務を独占できるようなIT資格は無いのです。ですが、IT資格は持っているとスキルの証明となりますので、転職や就職、出世にも有利に働きます。求人の応募資格にも、IT資格を持っていることが条件に追加されていたりします。最近では、女性が趣味としてIT系の資格を取得する例も増えてきているようです。
資格の中には、持っているだけで資格手当が貰えるような資格もあります。IT資格は、国家資格・民間資格・ベンダー資格を併せて数多くあります。ITと一口に言ってもさまざまなジャンルがあって、それぞれに対応した資格があります。人気の資格は、基本情報処理技術者やITパスポートなどの国家資格です。この資格は比較的簡単な部類に入りますので、IT技術者の基礎として取得する資格です。ITパスポートは、新試験制度のスキルレベル1に相当します。そして、基本情報処理技術者は、スキルレベル2に相当します。
スキルレベルというのは、2009年に公表されたIT資格がどの程度のレベルにあるかを数値化したもので、1から4まであります。数値が高い方がレベルが高いということで、取得すると価値がある資格であると言えます。IT資格にはいろいろなジャンルがあり、IT技術者全般からシステム設計・プロジェクト管理者・プログラマ・ネットワーク管理者・データベース管理者など、他にもいろいろあります。これらをITとひとくくりにしてしまうのもどうかと思いますが、全部合わせてIT資格と呼ばれています。これからもIT資格はスキルの証明として重要なものになるでしょう。

Write a comment